美髪のための正しいシャンプー

間違ったシャンプーやドライヤーのかけ方で髪が傷んでしまいますが、それを避けるためにも正しい方法を知っておきましょう。
そこで、ここでは毎日のバスタイムですぐに実践できる正しいシャンプーとドライヤーのかけ方についてご紹介いたします。

正しいシャンプーの方法

【ブラッシング&予洗い】
髪を濡らす前にはしっかりとブラッシングしましょう。
髪についたほこりやゴミが取れ、髪の通りも良くなるので、その後に行うシャンプーがぐっと楽になります。
ブラッシング後に、ぬるめのシャワーで2~3分ほど予洗いをすると、髪や頭皮についた汚れの約70%を洗い落とすことができます。

【シャンプーで頭皮を洗う】
予洗いを終えたら、手のひらでシャンプーを泡立ててから髪につけ、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。
直接髪にシャンプー液をつけてしまうと、十分に泡立つまでに余計な摩擦が起きて髪を傷めてしまうので注意してください。

【すすぎ】
頭皮全体をしっかりマッサージしたら、シャンプーをする時の2倍程度の時間をかけるイメージで十分にすすいでください。

【コンディショナー】
すすぎの後、軽く水気を取った後に、コンディショナーを手に取り毛先から順に馴染ませていきます。
髪の根元や頭皮につけるとベタつきの原因にもなるので、毛先から髪の中間を中心に付け、根元付近は手に残ったものを
軽く馴染ませる程度で十分です。

【すすぎ】
コンディショナーは表面の保護が目的で浸透させる必要がないので髪になじませたらすぐにすすぎましょう。
この時も頭皮や髪の毛に残らないように、十分にすすいでください。

ドライヤーを掛ける時のポイント

髪を傷めないようにするドライヤーのかけ方にはいくつかのポイントがありますので参考にしてみてください。

・熱すぎない風で根元を中心に乾かす
・毛先は乾燥しやすいので風を当てすぎない
・遠くから風を当てる
・ドライヤーは上から下に向けて当てる
・手ぐしで乾かす

基本はキューティクルの流れに沿って上から風を当て、根本から順に丁寧に乾かしていくことです。
濡れた状態で摩擦が起こるとキューティクルが剥がれてしまいます。
乾かす時には手ぐしで行い、形を整える時にブラシなどを使いましょう。

Copyrights © 美髪Labo All Rights Reserved.

PAGETOP