ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

最近ではドラッグストアなどでも「ノンシリコンシャンプー」が多く販売されています。
なんとなく髪に良さそうというイメージがあるかと思いますが、どんなものにもメリット・デメリットがあります。
そこで、ここではノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

そもそもノンシリコンシャンプーとは

シリコンは、ケイ素をもとに作られた合成樹脂で、化粧品や柔軟剤などにも使われています。
シャンプーにはコーティング剤として配合されており、髪の表面を保護してサラサラにしたり、傷みを目立たないようにしたりする働きがあります。
しかし、シリコンの成分が髪や頭皮に残ることでベタつきが起こったり、すすぎ残しによってトラブルが起こることがあります。

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り「シリコンが入っていない」という意味です。
そのほかにどんな成分が配合されているのかは関係ないので、一言でノンシリコンシャンプーといってもその品質には大きな差があります。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ノンシリコンシャンプーのデメリットとして不代表的なものが「きしみ」です。
コーティング剤であるシリコンを配合していないので、髪の滑りが悪くなり、きしんだり絡まったりしやすくなるのです。

また、これまでシリコンによってコーティングされて目立たなかった髪の傷みが表面化することで、髪がパサパサ、ギシギシした手触りになることもあります。
これはノンシリコンシャンプーによって髪が傷んだわけではなく、もともとの髪の傷みが目に見えるようになったということです。

髪の表面をバリアしていたシリコンがなくなることで、カラーリングが抜けやすくなることもあります。
洗浄力の強いものほど、カラーが抜けやすくなるので注意が必要です。

これらのデメリットは、質のいい成分を使用して作られたハイクオリティーのものを選び、使い続けることで解決することができます。
使い始めはきしみやパサつきが気になりますが、使い続けると髪質自体が改善されていきます。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーを使うメリットは、ベタつきがなくなりサラサラの髪にしてくれることと、使い続けることで髪のコンディションを整えることができることです。

シリコンは髪に残りやすいので、シリコンの入ったシャンプーを使い続けているとどんどん上塗りされて重い質感になります。
髪も頭皮もべたつきやすく、乾いていても濡れたような髪の質感になることもあります。

ノンシリコンシャンプーで洗い続けることで、髪に蓄積されているシリコンや汚れを落とすことができます。
ノンシリコンシャンプーを使い始めの頃、きしんだりパサついたりするのは髪に蓄積された汚れが原因です。
この汚れが落ちきると、髪はふんわりと軽くなりサラサラになります。

Copyrights © 美髪Labo All Rights Reserved.

PAGETOP