シャンプーの種類

一言でシャンプーといっても、どんな成分でできているのかによって様々な特徴があり、いくつかの種類に分けられます。
ここではそれぞれのシャンプーのメリット・デメリットをご紹介いたしますので、実際に選ぶときの参考にしてみてください。

高級アルコール系シャンプー

ドラッグストアなどで購入できるシャンプーの多くが高級アルコール系と言われるものです。
「高級」という名前から良さそうだと感じる方多いでしょうが、これは「アルコールの分子に含まれる炭素数が多い」ことを表しており、石油系の改善か一斉剤を使用していることが多く、泡立ちがよく洗浄力が強いことと、比較的安価で購入できるのが特徴です。

脂性肌の人や整髪料を多く使う人にはお勧めできますが、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうこともあるので、皮脂の量が普通な方や少なめの方は注意が必要です。

 

<デメリット>
・洗浄力が強くスタイリング剤や皮脂汚れを落としやすい
・泡立ちが良い
・比較的低価格


<メリット>
・肌への刺激が強い
・必要な皮脂を落としすぎることがある
・薄毛や抜け毛の原因になることがある

アミノ酸系シャンプー

洗浄成分である界面活性剤の成分にアミノ酸を使用しているものを、アミノ酸系シャプーと言います。
アミノ酸はもともと人の体を構成しているタンパク質の主成分なので、髪や頭皮へのなじみもよく、髪や頭皮に優しいのが特徴です。
成分の原価が高いので、比較的高価になりやすいです。

<メリット>
・低刺激で肌に優しい
・皮脂を取り過ぎない
・保湿力が高い

<デメリット>
・洗浄力が低く汚れが落としにくい
・髪が重くなりボリュームが出にくい
・比較的価格が高くなりやすい

石鹸系シャンプー

天然由来の成分から作られているので、肌が敏感な人でも刺激が少なく使いやすいシャンプーです。
洗浄力も高く肌への優しさもありますが、アルカリ性なのですすぎの際に水に含まれるカルシウムイオンと石鹸が反応して石鹸カスが生じ、髪の表面に残ってごわついたり、頭皮に残ってキシキシさせたりします。

<メリット>
・洗浄力が高い
・天然由来の成分なので安心
・環境に優しい

<デメリット>
・洗浄力が強いので皮脂をとりすぎることがある
・手触りが悪くきしみやすい
・石鹸カスが残りやすい
・アルカリ性で肌に刺激があることがある

Copyrights © 美髪Labo All Rights Reserved.

PAGETOP